【600人調査から紐解く】シニア夫婦の実態から考える「夫婦円満のコツ」とは

コロナ禍ではこれまで以上に家族で過ごす時間が増え、良い面も悪い面も見えたという方は多いかと思います。一時期「熟年離婚」が話題になりましたが、コロナ禍での暮らしによってシニア夫婦は互いにどう思ったのでしょうか。
女性誌「ハルメク」を発行する(株)ハルメクの「生きかた上手研究所」は、50~79歳の既婚男女600名を対象に「夫婦関係と生活に関する意識調査」をWEBアンケートにて実施。シニア夫婦の実態や、これからの夫婦関係がより良くなるヒントを、この調査から紐解いていきましょう。

【調査概要】
調査の方法:WEBアンケート
調査の対象:50~79歳の既婚男女
有効回答数:600名 (男性 300名、女性 300名)※参考:2018年、2020年は、60~79歳を対象に実施
調査実施日:2021年10月8日~10月12日
調査主体 :(株)ハルメクホールディングス 生きかた上手研究所

→(株)ハルメクのシニアに関する調査記事はこちら

関係はいかに!? 600人に聞いた「シニア夫婦のリアル」

最初に聞いたのはシニア夫婦間の満足度について。全体で見ると74.5%「満足している」と回答。男女別に見ると夫が76.7%、妻が72.3%で、夫のほうが高いことがわかりました。

さらに、年代別で見ると70代>60代>50代という結果に。年代が高いほどに満足度が高いことがわかります。

コロナ禍で変わったシニア夫婦の「配偶者に対する想い」

「直近1年の配偶者に対する気持ちの変化」を聞いたところ、全年代多かったのが「特に気持ちの変化はない」、次いで「健康でいてほしいと思うようになった」、「相手の大切さを再認識した」。2番目、3番目はコロナ禍だからこその気づきと言えますね。

シニア夫婦が思う「配偶者に言われたい言葉」

夫婦円満のコツはコミュニケーションと言われますが、長くいるからこそ言葉を交わすことも少なくなるもの。そこで「配偶者に言われたい言葉」について聞いてみると、圧倒的多数で1位となったのが「ありがとう」、2位は「お疲れさま」、3位は「結婚してよかった」でした。相手に対する感謝の気持ちや労いの言葉があるだけで、夫婦関係はググッと高まりそうです。

シニア夫婦の会話UPにおすすめな趣味・習慣とは

調査結果を見ると円満な夫婦関係を気づけているシニア夫婦が多いことがわかりました。しかし、「配偶者に言われたい言葉」からわかるように、長く一緒にいるからこその慣れから、相手に対する気持ちを述べる機会が減っているのもわかります。単に照れくさくて言えないのか、それとも会話が少ないのか。そのどちらかと言えます。

普段の生活でいきなり言うのも難しいもの。それなら夫婦間で新しい趣味や習慣を取り入れてみると今まで以上に会話が増えたり、感謝や労いの言葉を言いやすくなったりするかもしれません。そこで、「おとなの住む旅」がおすすめする、シニア夫婦が一緒にできる趣味・習慣をご紹介します。

シニア夫婦におすすめの趣味・習慣1:アウトドアスポーツ

コロナ禍を機に健康志向が高まったシニア夫婦も多いはず。既にしている方も多いかと思いますが、一緒にウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。健康のためにしていることが、昔を思い出してデート気分を味わえるかもしれませんよ。

シニア夫婦におすすめの趣味・習慣2:水彩画

「自宅から出るのは少し気が引ける…」「家でいつでもできる趣味がほしい」そんな方には水彩画などがおすすめ!最近ではシニアユーチューバーが自身の水彩画テクを解説ともに披露しています。シニアユーチューバーの動画のもと、チャレンジしてお互いの作品について感想を述べるなど、自然と会話が増えそうです。とはいえ、批評に熱くなりすぎて喧嘩しないよう、楽しむことメインでしてみてくださいね。

→趣味を全力で楽しむシニアユーチューバーの記事はこちら

シニア夫婦におすすめの趣味・習慣3:ステイケーション

規制緩和され、旅行に行こうとしている方も多いでしょう。とはいえ、今はいろいろな旅行スタイルがあります。観光地で仕事をするワーケーションから自宅から近いホテルで休日を楽しむステイケーションなど。シニア夫婦には移動時間が短いことで体力面で負担がかかりにくいステイケーションがおすすめです。いつもと違う非日常な空間でゆったり過ごせば、相手の大切さや良さを再度実感するかもしれませんね。

新しい習慣・趣味をフックにすれば自然と会話が増える可能性大。新たに始めたことが生きがいになることも。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼第二の人生を豊かにするヒントの記事▼

関連記事

  1. 外国人が見る、日本の高齢化社会とは? Vol.2 ~日本・ネパールの医療事情の違い~

  2. やっぱり!「シニアの関心事」ランキング・ベスト3

  3. 【シニア女性のスマホ事情】実際はどうなの?シニア女性のスマホ利用のリアルとは

  4. 【ホテルが我が家に】アクティブシニア向け長期宿泊プランが登場

  5. 都がペットと暮す高齢者へ提案「誰に託すか,遺言を残しておきませんか」

  6. 【二拠点生活から多拠点生活へ】コロナ禍でワーケーションが普及、会社員の暮し方が変わる?!

二地域居住するデュアラー
  1. 高齢者の自分史づくりを子育てママが応援!ウェブサイトで制作、主…

    2022.01.21

  2. 【高齢者が飼うのにオススメなペットは?】トイプードルなど人気犬…

    2022.01.20

  3. 【シニアに人気の街でステイケーション】あの有名ホテルが新プラン…

    2022.01.19

  4. 「運転免許を返納したら乗りたい!」高齢者に電動アシスト付き自転…

    2022.01.18

  5. AIで顔を判別し「おばあちゃん大好き」と会話も!驚異のデジタルひ…

    2022.01.14

  6. 【那須や伊豆でワーケーション】ペット可能物件など「お試し移住プ…

    2022.01.13

  7. 【ワーケーションプランが続々】一味違う「2022年ワーケーション」…

    2022.01.12

  8. 「住みたい田舎」2022年ランキング発表!シニアは秋田市が初の全国1…

    2022.01.11

  9. シニアの写真映像展「フォトゾフィオ」が作品を大募集!人生の風景…

    2022.01.07

  10. 【湘南のフリーランス専門シェアハウス】ワーケーションに最適な「…

    2022.01.06

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅)でできること1…

    2020.12.03

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に悩むシニア達の…

    2020.11.20

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 第9章~15章

    2020.11.10

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲しい本・書籍ま…

    2020.09.10

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう!活躍するシニ…

    2020.07.16

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ【2021年最新…

    2020.05.14

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを飼ってみません…

    2020.04.30

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・ペット可の物件6…

    2020.02.27

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集”岩手のサ高…

    2020.01.24

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプリ7選 第2弾!【…

    2020.01.23

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!