夫婦で二拠点居住。シニアのライフスタイルにあわせた暮らしのコツとは?

子どもが独立し、夫婦二人でマンション生活。

予算含め、身軽なライフスタイルを目指す方も多いのではないでしょうか。

そこでシニア夫婦にピッタリな、新しい住まいの探し方を紹介します。

シニアのライフスタイルにあわせた暮らし方のコツとあわせて、ご覧ください。

シニア夫婦に「二拠点居住」がおすすめな3つの理由

二拠点居住とは、2つの拠点を持つ暮らしのことです。

シニア夫婦に二拠点居住居がおすすめな理由は以下3つあります。

  1. 車なしで生活できる
  2. 物の整理ができる
  3. 家族(子ども)に会いやすい立地に住める

前提にあるケースとしては、以下2つが主です。

  • 子どものサポート(孫の世話など)のために頻繁に会いにいく
  • 子どもたちと暮らしていた家を手放し、夫婦にピッタリの家で暮らしたい

子どもの家に寝泊りするのも、気が引けてしまう。

夫婦二人の住まいを選ぶために、地域の住み心地を試したい。

こうした背景の方におすすめなのが、二地域居住です。

今の家と、目的のための家を持ち、2つの拠点で暮らします。

2つ目の拠点は、初期費用をおさえて短期で入居するところがポイントです。

二拠点居住先の選び方のコツ

二地域居住先として、シニアで人気が高いのが都心です。

都内に住む子どもの家とのアクセスが楽、徒歩圏内で買い物が住む便利さが魅力。

まずはお試しで希望の地域の住まいに入居して、実際の住み心地を確認することが大切です。

子どもの独立を機に、住まいをチェンジ。夫婦でマンション暮らし

ここでは、子どもの独立を機に住まいをマンションに変えて、シニア夫婦で暮らすケースを紹介します。

背景とマンション暮らしまでの道のりを、具体例とあわせてご覧ください。

背景:子どもの独立をきっかけに家を売却

■Aさん夫婦(50代後半)のケース

Aさん夫婦は、東京郊外の戸建て住宅で、家族四人で暮らしていました。

子どもが独立した時期を堺に、広い家を持て余してしまったそう。

掃除もメンテナンスも大変で、車がないと生活が難しい環境。

老後の生活を考慮し、家を手放し、2LDKのマンションで借らすのはどうかと考えるようになりました。

納得できる住まいを選びたい、まずはお試し居住

家を手放すことになるし、新たな住まいも心地よい家であって欲しい。

そのために、まずは希望の地域でお試し居住をすることにしました。

お試し居住先は、家具家電付きマンション。

Aさん夫婦は、「まずは1年、試しに住んでみよう」と考えました。

生活もお出かけも便利に、二拠点居住して気づいた大切なこと

お試し居住をしている最中は、持ち家もある暮らしです。

2つの家を比較し、時に行き来する中で、マンション暮らしの良さを体感したそう。

マンション暮らしの良さは以下2つ。

  1. 気軽に子ども・孫に会いに行ける嬉しさ
  2. 徒歩・電車でお出かけも買い物も、通院もできる

子どもに孫のお世話を頼まれたときに、気軽に駆け付けることができる距離。

家族が近くにいる安心感もありますよね。

また、車を使わずに日常の買い物からお出かけもできる。

こうしたメリットを感じ、二地域居住を満喫。

二地域居住先で、終の住処ともなる家の環境を体感できるため、納得した住まい選びができます。

Aさん夫婦の声

夫:二地域居住先のマンションからは、徒歩・電車・バスでどこでも行ける。テレビで話題の観光スポット・飲食店にも気軽に行けるため、妻と一緒に出かける機会が増えました。私たちが病気になったとき、すぐに病院へ駆け付けられるから安心だと、子どもたちは話しています。夫婦で穏やかな時間を過ごしながら、便利な立地。老後の安心もあり、二地域居住先が気に入りました。

妻:気軽にふらりとお出かけできるのが良いですね。郊外の戸建てに住んでいると、半日がかりで出かけていたことも多々ありました。あれだけ時間をかけて行っていた場所にも、お散歩感覚で行くことができて、買い物の時間が楽しみになりました。子どもたちも都内に住んでいて、孫に電車で会いに行けるのも嬉しいです。共働きの子どもたちをサポートできて、日々充実しています。

シニア世代こそ、二拠点居住の体験を

二地域居住は30~40代で注目を集めているものの、シニア世代にも需要がある暮らし方です。

これまでの環境を思い切って離れ、今の暮らしと老後便利な環境で暮らす生活。

まずは二地域居住でお試し居住をして、納得いく住まい探しをしてみてください。

 0120-117-258 電話する
 メールで問い合わせする
月曜日~土曜日 9:00~18:00、祝日 9:30~18:00 (定休:日曜日、第2・3水曜日)

→【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

関連記事

  1. 【シニア女性も釘付け!?】420名に聞いた「スポーツ観戦の実態調査」

  2. 子どもの世話にはなりたくない!シニアの介護事情 Vol.2

  3. シニア世代の子ども30代〜50代に聞いた「実家の空き家問題」

  4. 【今が二地域居住を始めるチャンス?】二地域居住を始められるイベント&物件が続々誕生!

  5. 【空き家で多拠点居住】地方創生にもつながる空き家活用、山梨に誕生!

  6. 【4ヵ国の高齢者調査】日本と外国ではシニアの生活意識はどう違う?Vol.6

二地域居住するデュアラー
  1. 【シニアにおすすめな趣味】終活や介護、相続などさ…

  2. 【シニアの挑戦】東京都国立市のジャズ喫茶を71歳3名…

  3. パリ在住、カフェの看板マダム・石井庸子さん82歳が…

  4. 【6~7月】シニアの健康対策、梅雨~夏を健康に乗り…

  5. 日本一の星空の長野県阿智村が仰天企画「宿泊客の願…

  6. 【川柳の作者最高齢がなんと101歳!】リアルなシルバ…

  7. 【2024年は最も暑い】シニア必見!知っておきたい「…

  8. 自宅で楽しむ「オンライン落語会」シニアに人気!大…

  9. 全国の大家さんに朗報!高齢者等の入居成功事例公開…

  10. 【55歳以上が対象】最優秀賞は賞金50万円!「東京シ…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社