【シニアに人気の趣味 登山編】第16章 3千m級槍ヶ岳の過酷な10時間に挑む

日本有数の高峰、槍ヶ岳山荘から望む景観は格別である


シニア世代に人気のスポーツといえば、「登山・ハイキング」が今や定番です。

〝普段行っているスポーツ〟のランキングによると、60~74歳ではなんと第2位、75歳以上でも第3位につけています。
(出典は総務省。なお、第1位はウォーキング)

さて、登山家・滝澤 圭一郎が綴る「シリーズ 山と共に」。今号は初秋の北アルプスを訪ね、日本有数の高峰「槍ヶ岳」の絶景を皆様に披露したいと思います。

【シリーズ 山と共に】<第16章> 3千m級の槍ヶ岳で過酷な10時間の山行に挑む!

滝澤隊長、ハシゴを楽しむ

写真・文/登山家 滝澤 圭一郎

1975年、長野県上田市に生まれる。毎月、全国の山々に挑んでいる。月に100キロ以上走り込み、トレーニングを欠かさない。マラソンランナーでもある。㈱イチイ 秋葉原店・巣鴨店店長としても多忙な日々を送る。

登山家たちの聖地、いざ日本のマッターホルンへ

滝澤登山隊のメンバー<左が筆者、瀬谷氏(中央)と石井氏(右)>

私が隊長を務める登山隊のメンバーが、1年ぶりに再会しました。

今回の山は北アルプスの「槍ヶ岳(やりがたけ)」。
長野・岐阜県境にそびえる標高3,180mの高峰で、字のごとく槍のようにとがった山です。

日本のマッターホルンとも言われる登山家ならだれもが憧れる、そんな山です。
今回登山隊はハードルを一気に上げて、チャレンジしてきました。

夜の新宿を出発し、ふもとの上高地めざす

槍ヶ岳の玄関口、上高地岳沢の方角を望む

日程は9月14~16日の3日間で、スケジュールは
1日目:バスタ新宿⇒上高地(深夜バス)
2日目:上高地⇒槍ヶ岳山荘
3日目:槍ヶ岳山荘⇒槍ケ岳山頂⇒上高地⇒バスタ新宿

槍ヶ岳の特徴は、とにかく小屋(槍ヶ岳山荘)までの道のりが長いこと・・。
バスターミナルからだらだらと約10時間かかります。

しかし、難しい岩場は最後の穂先(山頂)のみ。
槍ヶ岳山荘から山頂までのごくわずかな距離です。

「槍ケ岳山頂まで4.25kM」と知らせる標識

山小屋まで10時間の道程、苦難の山歩きへ

あと少しで槍ケ岳、しかしここからが長い

隊員のみんなにとっては、穂先よりも山小屋までの長い道のりの方が大変ではないか、と予想していましたが・・。

案の定、その通り。
ヒーヒー言いながら、小屋を目指しました。

途中おしゃべりをしながら、休憩を入れて疲れを紛らわしましたが、最後の方はみな無言・・。話す気力もありません。
最後はまるで牛歩のよう・・。

やっと、槍ヶ岳山荘に着いた時の感動はひとしおでした!
自然と原監督並みのグータッチを交わし、早速ビールを。
格別においしい一杯でした。

ハイネケンの緑色と融合する自然(景色)〈徳澤園にて〉

翌朝は疲労も回復し、3千mの頂上を制覇!

宿泊した槍ケ岳山荘(右手)

そうして一息入れた後、夕食の前に穂先(頂上)に登ろうと試みましたが、石井・瀬谷両隊員の脚が疲労で上がらず、この日は断念。
翌朝の回復にすべてを賭けました。

「今夜は遅くまで呑んで、語り合おう」なんて言っていましたが、夕食をお腹いっぱい食べた後は、疲労のせいで自然と就寝・・。
はたして明日は身体が動くのでしょうか!?

ところが、翌朝起きたときにはまったく心配ご無用。
二人とも元気で、私が逆にあおられる始末でした。

ということで、元気に穂先まで登ってまいりました。
これにて今回の目標は達成です!

登頂に成功した槍ヶ岳の山頂で、歓声を上げる登山隊(360度カメラで撮影したパノラマ映像)

そして、登山というのは登って来た道を戻らなければなりません。
感動もつかの間、行きに10時間かけてきた同じ道を戻ります。

石井隊員、山頂直下のハシゴを慎重に降りる

やはり下りの方が楽なせいか、おしゃべりをしながら無事にふもとの上高地へ。
時刻通りにやってきた高速バスに乗り込み、新宿へと戻ってまいりました。

では、次回の滝澤登山隊の活動も、ぜひご期待ください!
皆さまに報告させていただきます。

<つづく>



関連記事

  1. 【コロナ対策】高齢者スマホユーザーに絶対知っておいてほしい【LINE公式アカウント&ニュースアプリ】

  2. 【進化する認知症予防】VRを使って認知症を知る講座誕生!

  3. 【高齢者の生きがい】人生100年時代を健康で長生きしていく上で必要な“生きがい”とはどんな時に感じるのか

  4. 四季の花だより~バラの香りと潮風に包まれて

  5. 【ハンドメイドが生きがいに】自分の作品を販売するシニア作家の実態とは

  6. 板橋さんぽ~絶品老舗和菓子から地元で愛される福地蔵

二地域居住するデュアラー
  1. 42年の時を経て、シニアの青春期がよみがえる!『銀河鉄道999』来月…

    2021.10.19

  2. 【シニアにおすすめ】よみうりランドでイルミネーションに包まれ、…

    2021.10.15

  3. 【高齢者の健康維持にeスポーツ】“孫にも一目置かれる存在”へ!日本…

    2021.10.14

  4. 【10年で90%越え】アンケートでわかったシニア女性のスマホ事情

    2021.10.13

  5. 二地域居住を検討中なら必見!茨城県が吉本興業とコラボ、デヴィ夫…

    2021.10.12

  6. シニアの住替え先も探せる?!『住み続けたい街ランキング』1位は武蔵…

    2021.10.08

  7. 【アクティブシニア向け】60歳以上を対象とした『東急線乗り放題パ…

    2021.10.07

  8. どう思う?1万人に聞いた【二地域居住】ありorなし

    2021.10.06

  9. デュアラー(二地域居住者)に朗報!移住マッチングイベント「ふる…

    2021.10.05

  10. 仕事と趣味で「住まい」をわける時代。二拠点居住が叶えるライフス…

    2021.10.02

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅)でできること1…

    2020.12.03

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に悩むシニア達の…

    2020.11.20

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 第9章~15章

    2020.11.10

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲しい本・書籍ま…

    2020.09.10

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう!活躍するシニ…

    2020.07.16

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ【2021年最新…

    2020.05.14

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを飼ってみません…

    2020.04.30

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・ペット可の物件6…

    2020.02.27

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集”岩手のサ高…

    2020.01.24

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプリ7選 第2弾!【…

    2020.01.23

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』