【二地域居住レポート】花のある街暮らしと大自然に囲まれた田舎暮らし

フラワーアレンジメント講師 前田佐智子さん(60代)

さいたま市と八ヶ岳山麓でされている前田さんの二地域居住は、無理なく続けられる理想的なものでした。その秘訣とはいったい何でしょう。
→「二地域居住」とは?|おとなの住む旅 用語解説

前田さんの二地域居住について

ボックスアレンジメントは洗練された印象。こんなに可愛いリースもつくっています。

主人はフルタイムで働いているので、田舎暮らしは月に1・2回です。街暮らしではフラワーアレンジメントの講師と製作、八ヶ岳では趣味の山登りや放ったらかしガーデニングを楽しんでいます。

主人が仕事を辞めたら、6対4の割合で八ヶ岳を主にしたいです。ガーデニングにもっと注力して、八ヶ岳でもアレンジメントの仕事をしたいと思っています。

二地域居住のメリットとデメリット

大自然に囲まれた八ヶ岳の別宅

メリットは街暮らしと田舎暮らしの両方を体験できること、気分転換になることです。自分の世界が広がり、いろいろな方と知り合うことが出来ます。

デメリットは、二つの家を持つので維持費のコストがかかること。たとえば田舎暮らしでは車が不可欠です。庭の手入れやペンキ塗り等のDIYなど、やれることは自分でやるので体力も必要です。

二地域居住を検討されているシニアへ

二地域居住で負担が増えるのは必然的です。なので、負担が増えてもそれをも含めて自分が楽しめるかがカギではないでしょうか。ご主人が田舎暮らしを、奥さんが街暮らしをそれぞれ楽しみ、たまに一緒に生活するというスタイルのご夫婦もいます。

一つの型にとらわれずに柔軟なやり方、発想で自分が楽しめるかが大切だと思います。

短期滞在ならどこがいいですか?

京都や奈良など歴史のある場所の田舎に住んでみたいですね。

フラワーアレンジメント講師 前田佐智子さん(60代)
<プロフィール>
さいたま市でブリザードフラワー、アーティフィシャルフラワー、ドライフラワーを使ったアレンジメント教室「花ごよみ」を主宰。
前田さんブログ

 

 

関連記事

  1. 【10年で90%越え】アンケートでわかったシニア女性のスマホ事情

  2. 【今が二地域居住を始めるチャンス?】二地域居住を始められるイベント&物件が続々誕生!

  3. パンダ夫婦に学ぶ「デュアラー」としての生き方【二地域居住インタビュー】

  4. 【日本縦断も夢じゃない?!】アドレスホッパーにおすすめ新宿泊プラン登場!

  5. もうスマホは当たり前?【シニア世代のスマートフォン事情】 Vol.2

  6. 空室を都道府県に登録し活用へ

二地域居住するデュアラー
  1. 【川柳の作者最高齢がなんと101歳!】リアルなシルバ…

  2. 【2024年は最も暑い】シニア必見!知っておきたい「…

  3. 自宅で楽しむ「オンライン落語会」シニアに人気!大…

  4. 全国の大家さんに朗報!高齢者等の入居成功事例公開…

  5. 【55歳以上が対象】最優秀賞は賞金50万円!「東京シ…

  6. 【なんでやるの?】501人に聞いた「シニア女性の仕事…

  7. シングルマザーの親子、DV被害女性、生活苦の学生…

  8. 川柳コンクール「サラ川」ベスト10発表!1位「増える…

  9. 【寝たきりを防ぐ】介護が必要になった原因は転倒・…

  10. まだ近居が早い人には「デジタル近居」がおすすめ!…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社