【高齢者の終活】「終活をしたいと思っている」人は約6割で、実践している人はわずか7%に留まる

「終活」から葬儀後までライフエンディングのトータルサポートを提供する『燦ホールディングスグループ』は、終活に関する意識調査を40~70代の男女1,000名を対象に実施。

高齢者にとっての「終活」への意識や、コロナ禍での「終活」への変化について明らかになっています。

「終活」という言葉の認知度は高いが、実践している人はわずか7%

Q.「終活」という言葉を知っていますか?

「終活」という言葉について、95%が“知っている”と回答。認知度は非常に高いことがわかっています。

「終活」とは、「自分の人生の終わりに向けて行う活動」のこと。
「終活」の第一歩は、まず自分の死と向き合うこと。向き合うことで、人生の最期を迎えるために様々な準備が必要なことに気がつきます。(→「終活」とは?|高齢者に分かりやすく解説

Q.「終活」をしたことがありますか?

続いて「終活をしたことがありますか?」の問いには、“終活したことがある”が全体の7%に留まり、認知度95%と比べると非常に少なくなっています。

“終活をしたいと思っている”と回答した人は57%と過半数を占め、今後「終活」をしようと実践する人が増加していく可能性があります。

Q. 「終活」とは、どのようなことをするとお考えですか?

“終活を知っている”と回答した人に、「終活」の内容について質問。

1位は「持ち物の整理」、2位「エンディングノートを書く」、3位「遺言の用意」と、残された家族などへ配慮した回答が上位に挙げられました。

【終活の内容】
・葬式・お墓の準備
・遺言書の作成(財産相続など)
自分史エンディングノートの作成
・生前整理

⇒【高齢者の終活に】自分史を動画で作ろう!シニア層が対象の動画編集サービス『残ルンです』

Q. 「終活」の目的はどのようなことだと思いますか?

「終活」の目的については、「終活」の内容と同様に“自分のために”と考える人は少数派となり、“のこされた人に迷惑をかけないため”と回答した人が8割以上という結果になっています。

⇒【ペットを飼う高齢者必見】終活に「ペットのためのサービス」が誕生

Q. コロナ禍の前後で、「終活」への考え方は変化しましたか?

最後に、「終活」への考え方についてコロナ禍の前後での変化を質問したところ、約9割が“変化していない”と回答。“変化した”は約1割に留まっています。

■コロナ禍で“変化した”と回答した方の実際の声(一部抜粋)
・終活を考えるようになった。前倒しで取り組みたい
・気持ちの整理になるので早くても良いと思った
・いつ自分がそうなるか分からないから、少しずつでも準備をした方がいいのかなと意識が変わった
・まだ先のことと考えず、行動の具体化をする準備が必要だと思う
死は予期せぬ時に来るものと改めて認識しました。終活には時間が必要なのですぐにできることから始めました
・まだ先と思っていたが、有名な芸能人の方がコロナで亡くなり他人事ではないと思って、先々のことをノートに書いてみたり、娘に話したりした
・家にいる事が多くなり、整理整頓する機会が増え、残された者が処分に困らないよう考えるようになった
・これまで自分の死についてきちんと考えたことはなかったが、コロナ禍でいつどうなるかわからないと思い、エンディングノートを書き始めた
・身内と最後の別れができないことを想像した
人とのつながりを考えるようになった

「終活に関する意識調査」概要

■調査名:終活に関する意識調査
■調査時期:2022年3月23日~25日
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:40~70歳代の男女 1,000名
■調査方法:インターネットによるアンケート調査
■引用元:燦ホールディングス株式会社


高齢者の終活に関する記事


 

関連記事

  1. 【二地域居住・地方移住したい人へ】2023年の実現をサポート!「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」

  2. 【総集編/4ヵ国の高齢者調査】日本と外国ではシニアの生活意識はどう違う?

  3. 【高齢者向けアプリランキング】60代以上のシニア世代では「スマートニュース」が1位!

  4. 【コロナ禍で話題】高齢者からも熱視線「半農半X」を学べるプログラムがスタート!

  5. もうスマホは当たり前?【シニア世代のスマートフォン事情】 Vol.1

  6. 「運転免許を返納したら乗りたい!」高齢者に電動アシスト付き自転車がブーム呼ぶ納得のワケ

二地域居住するデュアラー
  1. 【2拠点ではなく1.5拠点!?】屋久島に宿泊棟とコワー…

  2. 【シニアにおすすめの街】穏やかに暮らせる緑豊かな…

  3. シニアにお勧め、春が来て大学公開講座が続々スター…

  4. 離れて暮す高齢の親の様子をスマホで確認、TV電話…

  5. 【地方移住】移住フェア「九州・山口・沖縄 暮らシゴ…

  6. 【働きたいシニア必見】6月12日開催「シニアおしごと…

  7. ウクレレ弾き方教室20万人登録へ急上昇!白血病と闘…

  8. 今年還暦迎える2千人の意識調査発表!4割が「70歳超…

  9. 【京都で夢の二拠点生活】帰らない日は家賃がかから…

  10. シニアは利用してる?15才から60代以上シニアに聞い…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社