ゴルフしながらテレワークで働く『ゴルファーケーション』はなぜ人気?宿泊費等3/4を補助する「福島県」の本気度がすごい!

旅先で休暇を楽しみながらテレワークで働く「ワーケーション」が普及してきましたが、さらに最近は新しいスタイル『ゴルファーケーション』に注目が集まっています。
これはゴルフ場に宿泊してテレワークを行い、就業時間の前後や休憩時を利用してゴルフを楽しむというワーケーションのことです。(→ワーケーションとは

その注目のイベントとは、福島県と県内3つのゴルフ場が今秋から始めたゴルファーケーションのキャンペーン(利用客の誘致)。
なにしろ、福島県が宿泊費や交通費等の4分の3(最大30万円)もの補助金を出すと発表したからです。

本気でゴルファーケーションの普及活動に乗り出しています。

ゴルフが趣味のアクティブシニアも多いだけに、この動きは見逃せません。

全国でも珍しい自治体主導の企画

福島県の県南地方振興局では、「ゴルファーケーションを体験してみませんか」とこう呼びかけています。

『リモートワークという新しい働き方で上手く時間をコントロールし、仕事と余暇にメリハリが付けられれば、普段より効率よく仕事ができるようになるでしょう。
私たちの街、白河市を中心とした福島県南地方は東北新幹線を利用すれば、東京駅から新白河駅まで約70分。首都圏からのアクセスは申し分ありません』

県の狙いとしてはゴルファーケーションの体験を経て、移住や二地域居住へとつなげることにありそうです。(→「二地域居住」とは

(→【シニア世代などの人材を募集】時間と場所にとらわれないリモートワーク前提の『レノボクロスワーカーズ』とは

白河国際など3ゴルフ場で独自プラン

棚倉田舎俱楽部(棚倉町)

そんなゴルファーケーションの受け入れ施設は、白河国際カントリークラブ(白河市)と棚倉田舎倶楽部(棚倉町)、矢吹ゴルフ倶楽部(矢吹町)の3つのゴルフ場です。

宿泊費、食事代、プレー料金を組み合わせた独自のプランをそれぞれ用意しています。

ゴルフの前はテレワークに集中する

あるゴルファーケーションの実践者は、こんなスケジュールを立てました。

⑴ゴルフ場で午前8時から仕事をして、午前11時から正午まではアプローチやバンカー、パターの練習をする。
⑵ランチをとりながら午後2時まで仕事をした後、ハーフラウンドを楽しむ。
⑶ちょっとリッチなディナーの後にまた仕事をする。そして、ゆっくりと温泉に浸かってから就寝。

さらに、ゴルフ場の契約プロのレッスンや早朝ワンラウンド、薄暮ハーフなどを組み合わせれば、より充実したワーケーションとなるでしょう。

(→【二地域居住したい人に朗報】他拠点の下見になるワーケーションプランが続々誕生!

福島をワーケーションの聖地に

仕事の合間にゴルフを楽しむ

関東在住の体験者からは、こんな声が寄せられています。
「東京から約90分でゴルフ場に到着し、送迎もあってとても便利。時間を上手く使って仕事もはかどり、ゴルフではベスグロまで出て、最高のワーケーションになりました」

お昼の時間を使い、会社の同僚とWeb会議

ゴルファーケーションに詳しいGDOゴルフ場ビジネスユニット営業部の宮城学部長は、今後の見通しについてこう話しています。

「このように行政と地域が一体となったゴルファーケーション事業は、全国でも珍しい取り組みです。福島県の県南地方が聖地となって、全国に広まって欲しい。最終的には移住の促進にも貢献できるのではないでしょうか」

福島県は、今後のゴルファーケーションブームの火付け役になるかも知れません。

(→【シェアハウス特集】テレワークだけじゃない?! 趣味が生きがいの粋な二地域居住者たちが集まり始めた!

テレワーク経費の3/4を補助

白河国際カントリークラブ(白河市)

福島県は現在、ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金制度を実施しています。

福島県外在住者が、福島県内でのテレワークで掛かった宿泊費や交通費などの費用の4分の3を補助する制度です。

予算には限りがありますから、興味のある方は早めに申し込んだ方がいいでしょう。

矢吹ゴルフ俱楽部(矢吹町)

❑補助金の詳細はこちら
❑「ゴルファーケーション」の詳細はこちら〈福島県県南地方定住・二地域居住相談所「ラクラスしらかわ」〉

この記事と画像の出典:福島県 公式サイト

🔻関連記事



関連記事

  1. コロナ対策で東京都が中小・個人事業主へ家賃補助、今月中旬受付開始!

  2. 【シニアに人気の趣味 登山編】第15章 真夏の北アルプス白馬岳の雪道をゆく

  3. 【高齢者の金銭事情調査】60代シニア女性の小遣いは月平均6万円「死ぬまでに貯金を使い切りたい!」

  4. 【今週末まで見頃?】1年で一番の絶景は今!国分寺市「殿ヶ谷戸庭園」の紅葉をご紹介

  5. 【ペット愛好シニア必見】2022年にオープン!ペットも泊まれる宿泊施設をご紹介

  6. 【知らなきゃ損】目が離せない!おすすめ【シニアユーチューバー】Vol.2

二地域居住するデュアラー
  1. 【川柳の作者最高齢がなんと101歳!】リアルなシルバ…

  2. 【2024年は最も暑い】シニア必見!知っておきたい「…

  3. 自宅で楽しむ「オンライン落語会」シニアに人気!大…

  4. 全国の大家さんに朗報!高齢者等の入居成功事例公開…

  5. 【55歳以上が対象】最優秀賞は賞金50万円!「東京シ…

  6. 【なんでやるの?】501人に聞いた「シニア女性の仕事…

  7. シングルマザーの親子、DV被害女性、生活苦の学生…

  8. 川柳コンクール「サラ川」ベスト10発表!1位「増える…

  9. 【寝たきりを防ぐ】介護が必要になった原因は転倒・…

  10. まだ近居が早い人には「デジタル近居」がおすすめ!…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社