【高齢期の住替えを考えるVol.1】要介護3で高齢者向け賃貸住宅は暮せる?

高齢者向け住宅や老人ホーム等の募集・契約を手がける株式会社イチイ シニア事業部。
当事業部からの投稿文「高齢期の住替えを考える」を連載でお届けいたします。

【今号のキーワード】
高齢者向け賃貸住宅であっても今は、医療や介護、生活支援等のサービス(外部から提供)を組み合わせれば、要介護の方も十分に暮らしを営むことのできる時代です。

第1回『生涯を自分らしく生きていくために』

❑高齢期の住まいと暮らしを専門とする「専任アドバイザー」(㈱イチイ シニア事業部在籍)に執筆してもらいました。

こんな声をお聞きすることが少なくありません。
「介護が必要になったら、老人ホームに入らなければならないですね」

いえいえ、そんなことはございません。
ひと昔前と違い、今はさまざまな住まいや施設がありますから、ご自身に合った住み替え先を選ぶことができるんです。
「自分らしい老後の暮らし方が選択できる時代」であり、本当にいい環境が整ってきたと思います。

それでは、相談者の方の具体的な事例を紹介いたしましょう。

要介護3で一人暮らし、広すぎる自宅に悩む

都内の戸建てにひとりで暮らす女性のMさん(87歳)から、このようなご相談をいただきました。

Mさん『要介護3の認定を受けてから、不安な毎日を送っています。
広すぎる家や庭などの管理はひとりでできませんし、外出するときは手押し車がないと歩けなくなりました。
道路のちょっとした段差もまたぐのが怖いですね。
できるだけ近くで、安心して暮らせる住まいはありませんか

アドバイザー『都内には今、介護サービスの充実した高齢者向けの施設が数多く供給されていますので、心配なさらないでください。
まずは介護付有料老人ホームをご一緒に見学してみましょうか。
自宅よりも安心・安全に過ごすことができますから』

ルールに縛られて生きるくらいならー

ところが、介護付有料老人ホームの見学を終えると、Mさんはとてもガッカリした表情。
不満なところは、食事の時間が定められた食堂、他の入所者と一緒に入る大風呂、毎日の安否確認など、館内に決まりやルールがあることでした。

『ルールに縛られて生きるくらいなら、死んだ方がマシだわ』

そうおっしゃったMさん。一番求めていたのは「自分らしく生きること」だったのです。

最終的にMさんが選んだのは、アクティブシニアの多い高齢者向け賃貸住宅でした。
但し、要介護3のMさんは、在宅でしっかりとした介護サービスを受ける必要があります。そこで―

アドバイザー『Mさん、ヘルパーさんに定期的に来ていただき、入浴の介助や夜間の服薬管理、通院の介助など、生活全般のサポートをお願いいたしましょう』

自分らしく生きるには〝住まい選び〟が大切

写真はイメージ

高齢者向け賃貸住宅であっても現在は、医療や介護、生活支援等のサービス(外部から提供)を組み合わせれば、要介護の方も十分に暮らしを営むことのできる時代です。

Mさんは今、自由にのびのびと過ごしていらっしゃいます。

このように生涯にわたって自分らしく生きていくには、〝ご自身に合った住まい選び〟が何よりも大切だと思います。

次号「高齢期の住替えを考えるVol.2」では今号とは対照的に、60代の元気な男性が「自由はいらないから、手厚い介護サービスが欲しい」という切実な思いをご紹介します。

【今号のまとめ/ご相談者が選んだ住まい】
自由度が高いだけでなく、安心・安全のサービスを最低限備えた「高齢者向け賃貸住宅」
この記事の問合せ先:株式会社イチイ 電話03-5925-8851 <→ シニア事業部の専任アドバイザーたち(写真付き)

■データ編~トレンドを読む

「アクティブシニア向け賃貸住宅 ヘーベルVillageの入居者分析」

自宅への不満から高齢者向け住宅へ

住み慣れた我が家でセカンドライフを送るのが一番自然なことですが、自宅は高齢者にとって住みやすいとは限りません。
(→「セカンドライフ」とは?|おとなの住む旅 用語解説

家族が減って広すぎる自宅を持て余していたり、段差があったり。
築年数が経つと修繕も増え、電球一つ交換するのも高齢者には大変です。

実際、ヘーベルVillage(運営:旭化成ホームズ㈱)へ転居する理由では、「自宅に不満・不便」が少なくありません〈グラフ参照〉




『ヘーベルVillage東武練馬 ~ビアンテラス~』の詳細はこちら

関連記事

  1. コロナ休業で収入減の高齢者が注目!〝家賃補助のあるお部屋探し〟

  2. 佐藤順一郎氏が語る❺「終の棲家の選び方~自宅で暮らせなくなったら⑴」

  3. 自然とご縁があふれる街で、芸に磨きをかける Vol.2

  4. 【YouTubeでサ高住見学!】高齢者の安心安全な住まい「グランドマスト」ルームツアー Vol.5

  5. 【サ高住の課題】サービス内容は契約の前にしっかりと聞いておくことが重要!

  6. 【サ高住のメリット】居住権が守られ、入居金も不要だが、曖昧なイメージ

グッドライフシニア
  1. 「ワークショップ」とは|高齢者に分かりやすく解説

    2021.01.21

  2. 【高齢者と入浴】高齢者が安心して入浴をするためのポイントとは?

    2021.01.20

  3. 生涯現役で働く高齢者 玉置泰子さん90歳、ギネスが世界最高齢総務部…

    2021.01.19

  4. 2021年住みたい田舎ランキング発表!シニアは西条市、豊後高田市等…

    2021.01.15

  5. 【高齢者におすすめの本】 川村明医師の著書『10歳体が若返る!奇跡…

    2021.01.14

  6. 【コロナ禍の高齢者が求める住まいとは】高齢者がコロナ禍でサ高住…

    2021.01.13

  7. 【シリーズ 高齢者の住まいの選び方】自立型と介護型、どちらを選び…

    2021.01.12

  8. 【高齢者が住みやすい家まとめ】国がシニアへ呼びかける「健康に暮…

    2021.01.08

  9. 【高齢者向けのオンライン講座】『eラーニング』にて世界最高齢プロ…

    2021.01.07

  10. 【YouTubeでサ高住見学!】高齢者の安心安全な住まい「グランドマス…

    2021.01.06

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅)でできること1…

    2020.12.03

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に悩むシニア達の…

    2020.11.20

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 第9章~15章

    2020.11.10

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲しい本・書籍ま…

    2020.09.10

  5. 【2020年最新版】高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスま…

    2020.05.14

  6. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを飼ってみません…

    2020.04.30

  7. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・ペット可の物件6…

    2020.02.27

  8. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集”岩手のサ高…

    2020.01.24

  9. 【2020年最新版】終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料ア…

    2020.01.23

  10. 【老後の暮らし方まとめ】シニア住宅No.1プロデューサー・佐藤順一…

    2020.01.16