【厚労省発表】100歳以上の高齢者が8万人突破、今年は9千人も激増!

「人生100年時代」が現実のものとなってきたようです。

100歳以上の高齢者が8万450人となり、初めて8万人を超えたと厚生労働省が9月に発表しました。
このうち女性が7万975人で、全体の約88%を占めています。

国内の最高齢者(男女)の方々をご紹介いたしましょう。

約9割が女性、現実味増す「人生100年時代」

1971年は100歳以上がなんと339人に過ぎなかったのが、この年より50年連続で過去最多を更新しています。

今年は100歳以上の高齢者が昨年の同時期から9176人も増えました(9月1日時点)。
ここ数年は毎年2千~4千人程度の幅で増えていたのですが、今年は一気に激増しました。

今年度中に100歳になられるのは41802人。
新たに100歳となった1920年(大正9年)生まれの方々に長寿が多かったことが、激増した要因の一つです。

トップは今年も、ご長寿自慢の「島根県」!

一方、都道府県の人口10万人あたりの人数で比べてみますと、島根が127.6人と8年連続で最多でした。
高知が119.77人、鳥取が109.89人と続いています。

最も少ないのは31年連続で埼玉の40.01人、次いで愛知が41.79人、千葉45.98人でした。

最高齢者は素敵なおじいちゃん、おばあちゃん!

国内の最高齢者は福岡市の女性、田中カ子さんで117歳、男性は奈良市の上田幹蔵さんで110歳です。

田中 カ子さん(出典:有料老人ホーム「グッドタイムホーム1・海の中道」)

【女性の最高齢者】
田中 カ子(かね)さん 117歳

明治36年1月2日生、福岡県福岡市在住
<2018年7月22日から国内最高齢者>

❑「最近のご様子は?」福岡市からのコメント

『福岡市内の有料老人ホームに入所されています。
普段からオセロを楽しむなど、元気で過ごされています。
おいしいものを食べ、計算などの勉強をすることが長寿の秘訣とのことです』

ギネス認定の世界最高齢者
「みんなのおかげ。死ぬ気が全然せんです!」

❑田中さんが入所する福岡の有料老人ホーム「グッドタイムホーム1・海の中道」(運営:㈱創生事業団)が公表した紹介文(以下)です。
素敵なお人柄がよく分かりますね。

田中 カ子さん(出典:有料老人ホーム「グッドタイムホーム1・海の中道」)

『田中カ子さまは今もお元気に過ごされています。
2018年7月22日に長寿世界一ならびに日本一となり、ギネス認定もされています。

田中さまに長寿について伺ったところ、「皆さんのおかげです」と周囲への感謝を繰り返し述べられました。
103歳の時に大腸がんを患い、約5時間の手術をしましたが、それ以外は大病もなく、元気に過ごされています。
日々3食欠かさず食事をとり、お気に入りの缶入りカフェオレを毎日3,4本飲む。

元気の秘訣は?の問いには「オセロ」とのことで、職員との勝負を楽しまれています。負けず嫌いで勝つまで続けることもあるとか。
オセロ以外にも習字や計算をご趣味にされており、何事も“粘り強く”を信条にされています。

今後は?の問いには「おいしいものを食べて勉強をして、これ以上ありません」「みんなのおかげ。死ぬ気がせんです」と力強くお答えになられました』

長寿の秘訣は「自然に身をまかせること」

【男性の最高齢者】
上田 幹藏(みきぞう)さん 110歳

明治43年5月11日生、奈良県奈良市在住
<2020年8月22日から男性の国内最高齢者>

❑「最近のご様子は?」奈良市からのコメント

『奈良市内の介護老人保健施設に入所されています。
110歳の現在も、身の回りのことは、全般にご自身で頑張ってされています。

身体を動かされることがお好きで、日頃からリハビリやレクリエーションにも積極的に取り組んでおられます。
長寿の秘訣は「何も考えずに自然に身をまかせています」と笑顔でお話しされていました』

出典:厚生労働省プレスリリース



関連記事

  1. 【高齢者の見守り】24時間365日、大切な家族を守る緊急通報アプリ「VIDEOツーホー」が登場!

  2. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう!活躍するシニア8人をご紹介

  3. 【2021年お盆】どうする?コロナ禍お盆の過ごし方、お墓参りは?

  4. 国がシニアへ呼びかける「健康に暮すため,自宅を改修しませんか?」Vol.3

  5. かわいいだけじゃない!高齢者の心強い相棒「コミュニケーションロボット」

  6. 自然豊かな伊東で過ごす日々は「生活感のない暮らし」(東京⇄伊豆)【二地域居住インタビュー】

二地域居住するデュアラー
  1. 【シニアにおすすめ】会えなくなったお孫さんにLINEで「ハロウィン…

    2021.10.22

  2. 【月額9000円で3泊できる!】デュアラーにおすすめの“宿のサブスク”…

    2021.10.21

  3. 【都道府県別睡眠ランキング】からわかった「シニアの睡眠事情」

    2021.10.20

  4. 42年の時を経て、シニアの青春期がよみがえる!『銀河鉄道999』来月…

    2021.10.19

  5. 【シニアにおすすめ】よみうりランドでイルミネーションに包まれ、…

    2021.10.15

  6. 【高齢者の健康維持にeスポーツ】“孫にも一目置かれる存在”へ!日本…

    2021.10.14

  7. 【10年で90%越え】アンケートでわかったシニア女性のスマホ事情

    2021.10.13

  8. 二地域居住を検討中なら必見!茨城県が吉本興業とコラボ、デヴィ夫…

    2021.10.12

  9. シニアの住替え先も探せる?!『住み続けたい街ランキング』1位は武蔵…

    2021.10.08

  10. 【アクティブシニア向け】60歳以上を対象とした『東急線乗り放題パ…

    2021.10.07

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅)でできること1…

    2020.12.03

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に悩むシニア達の…

    2020.11.20

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 第9章~15章

    2020.11.10

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲しい本・書籍ま…

    2020.09.10

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう!活躍するシニ…

    2020.07.16

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ【2021年最新…

    2020.05.14

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを飼ってみません…

    2020.04.30

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・ペット可の物件6…

    2020.02.27

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集”岩手のサ高…

    2020.01.24

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプリ7選 第2弾!【…

    2020.01.23

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』