「住みたい田舎」2022年ランキング発表!シニアは秋田市が初の全国1位!豊後高田市は10年連続ベスト3へ

2022年版の「住みたい田舎ベストランキング」が先週発表され、「人口20万人以上のまち」では秋田県秋田市が「シニア世代部門」で初めて1位を獲得しました。

高齢者に優しい都市を目指す秋田市は、緊急時の通報システムなどシニア層への手厚いサポートが高く評価されています。

二地域居住や移住を検討中のアクティブシニアにとって、同ランキングは居住地を選ぶとき大いに参考になりそうです。

豊後高田市、2年連続全世代で1位!

このランキングは、宝島社の月刊誌「田舎暮らしの本」2月号(1月4日発行)に掲載されました。2013年に始まり、今年は10回目。

移住の促進に積極的な市町村を対象に、同誌が移住支援策や医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数など276項目に及ぶアンケート調査を実施。
751の自治体の回答をもとに、田舎暮らしの魅力を同誌が独自に数値化したものです。

人口規模別に5グループに分け、シニア世代など3部門で評価しています。

特筆すべきは「人口1万人以上3万人未満のまち」で、大分県豊後高田市が若者世代・単身者と子育て世代、シニア世代の全3部門で2年連続の1位となり、10年連続ベスト3入りを果たしたこと。
豊後高田市は173項目もの移住支援の施策などが支持を集めたためで、全国有数の移住先進地と言えるでしょう。

⇒「ふるさと住民票®」を持つ人が増加!デュアラーやアクティブシニアにおすすめな『ふるさと住民』とは

➊人口1万人未満のまち【シニア第1位】「北海道沼田町」

❑沼田町の住みやすさのポイント
⑴旭川は生活圏、札幌は日帰り圏
⑵役場、学校、駅などが500m圏内のコンパクトタウン
⑶妊娠・出産、子育て、教育に手厚い支援
⑷住宅取得の助成が充実

町をまるごと楽園化!

【沼田町長 横山 茂氏が語る】
『高校生まで医療費無償化や子ども1人にブランド米「雪中米」1俵の贈呈など独自の制度も年々進化しています。ホタルや化石、北海道唯一の喧嘩あんどん祭り等のオンリーワン資源を宝に変え、楽園づくりに取り組んでいますので、魅力いっぱいの北海道沼田町をのぞいてみてください!』

➋人口1万人以上3万人未満のまち【シニア第1位】「大分県豊後高田市」

❑豊後高田市の住みやすさのポイント
⑴173項目の移住・定住支援策で、子どもからシニア世代まで住みよい環境
⑵楽しい暮らしサポーターズ事務局やNPO法人アンジュ・ママンをはじめ、市民による活動が盛ん
千年の歴史と仏教文化が彩る国東半島に立地。泉質の異なる6カ所の温泉も

全ての世代が住みやすい環境が自慢

【豊後高田市長 佐々木 敏夫氏が語る】
『これまで「高校生までの医療費無料化」等の子育て支援、移住者向けの定住促進無償宅地などを整備してきました。「玉津プラチナ通り」では高齢者にとって楽しいまちづくりに取り組んでいます。誰もが安心して暮らせるまちに向けて、スピード感をもってまちづくりを推進してまいります』

➌人口3万人以上5万人未満のまち【シニア第1位】「大分県臼杵市」

❑臼杵市の住みやすさのポイント
⑴海と山が迫る自然環境と、国宝の臼杵石仏や城下町の面影を残す歴史・文化が共存
⑵ユネスコ創造都市ネットワークに加盟認定された、多彩で豊かな食文化を守り継ぐ
⑶ITを活用しカード1枚で地域医療・介護・保健情報が連携できる独自のシステムを確立

独自の食文化を守り、住みよいまちへ

【臼杵市長 中野 五郎氏が語る】
『臼杵市では、発酵・醸造などの食に関する歴史と伝統、有機農業の取り組みなどが評価され、昨年11月にユネスコ創造都市ネットワーク 食文化分野で加盟認定を受けました。「臼杵の食」を大事にしながら、臼杵に移住して本当によかったと言ってもらえるように移住・定住支援を充実させていきます』

➍人口5万人以上20万人未満のまち【シニア第1位「愛媛県今治市」】

❑今治市の住みやすさのポイント
⑴飛行機と車で東京へ約3時間半!しまなみ海道経由で福山から新幹線も利用可能、大阪は日帰り圏内!
⑵県立病院や大型量販店、ショッピングモールなど、市街地には生活に必要な施設がコンパクトに集積
⑶郊外や島しょ部でも、温かいご近所付き合いで不便さをカバー。昨年から島しょ部の子育てや教育機関を支援する施策も始める

子どもを産み育てやすい環境へ

【今治市長 徳永 繁樹氏が語る】
『「市民が 真ん中」を理念に掲げ、子どもを産み育てやすい環境の充実に、力点を置いて取り組んでまいりました。今治市は、瀬戸内海の海岸線と里の風景がたいへん美しく、四国随一の工業都市として雇用も安定しています。ぜひ、今治に移住しませんか?お待ちしております』

➎人口20万人以上のまち【シニア第1位】「秋田県秋田市」

❑秋田市の住みやすさのポイント
⑴四季の変化がはっきりと感じられ、夏は涼しく冬は雪が比較的少ない。文化施設や美術館、山、川、海などの自然環境が身近にある
⑵医療機関、福祉施設、買い物施設などがバランスよく立地しており、犯罪件数や自然災害も少ない安心・安全な環境
高齢者に向けたコインバス、緊急時の通報システム、暮らしに関する講座の開催など官民一体となって充実のサポートを用意

シニア世代に優しいまちです

【秋田市長 穂積 志氏が語る】
秋田駅周辺はマンション建設が進み、駅近の住まいがシニア世代に人気です。駅からほど近い「千秋公園」は、サクラやお堀のハスが美しい名勝です。四季の移ろいを感じられる豊かな自然と、地方都市の利便性が調和した「ちょうどいい」秋田市暮らしを始めてみませんか』

⇒【人気温泉地ランキング2022発表】草津が箱根を逆転し初の1位!二地域居住派シニアの憧れの温泉街も判明!

◆「田舎暮らしの本」編集長 柳(やなぎ)順一氏に聞く


『各自治体に移住者数の伸びを尋ねた設問では、「昨年度より上回っている印象」が「少ない印象」の2倍以上、「移住相談件数」は4倍以上という回答でした。本誌ではこれからも、本格化する地方移住の動きを後押ししてまいります』


宝島社「田舎暮らしの本」2月号はこちら

この記事と画像の出典:宝島社 公式サイト

🔻二地域居住や移住を検討している高齢者のための記事



関連記事

  1. 記憶のなかの風景〈第16幕 府中 PartⅡ〉

  2. シニアに愛される街 発表!60代以上は鵠沼を、40~50代は馬車道を支持!

  3. 二地域居住者も注目!話題のサブスクHafHが宿泊施設ランキング2022発表、都心の星野リゾートが人気沸騰のわけ

  4. シニアの「本当に住みやすい街大賞2023」発表!首都圏は3位大泉学園、2位西白井、江戸情緒残る下町の1位は?

  5. 「住みよい街ランキング2023」発表、全国トップは3年ぶりに武蔵野市!生活基盤、安心安全等になぜ評価が高い?

  6. 記憶のなかの風景〈第15幕 江古田〉

二地域居住するデュアラー
  1. 【2拠点ではなく1.5拠点!?】屋久島に宿泊棟とコワー…

  2. 【シニアにおすすめの街】穏やかに暮らせる緑豊かな…

  3. シニアにお勧め、春が来て大学公開講座が続々スター…

  4. 離れて暮す高齢の親の様子をスマホで確認、TV電話…

  5. 【地方移住】移住フェア「九州・山口・沖縄 暮らシゴ…

  6. 【働きたいシニア必見】6月12日開催「シニアおしごと…

  7. ウクレレ弾き方教室20万人登録へ急上昇!白血病と闘…

  8. 今年還暦迎える2千人の意識調査発表!4割が「70歳超…

  9. 【京都で夢の二拠点生活】帰らない日は家賃がかから…

  10. シニアは利用してる?15才から60代以上シニアに聞い…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社