「二拠点居住したい・住みたい街1位」はシニアにもおすすめ?!【体験談】

ここ数年で、幅広い年齢層から二拠点居住が注目されています。

シニア世代で「二拠点居住をしたい、でもどのエリアがいいのか決めかねている」という人も多いでしょう。

そこで参考にしたいのが、住みたい街ランキングや人気の二拠点居住エリアのデータです。

この記事では、住みたい街・二拠点居住先で1位の街で暮らした感想と、シニアにおすすめな理由を解説します。

住みたい街ランキング1位「横浜」、住んでみた感想は?

リクルート住まいカンパニーが発表した「SUUMO住みたい街(駅)ランキング2021」(関東版)のTOP3位は以下です。

1位:横浜(京浜急行本線)
2位:恵比寿(JR山手線)
3位:吉祥寺(JR中央線)

1位は横浜エリア。

横浜で約4年間暮らした感想と、シニアが住む上での魅力と家賃相場を見ていきましょう。

横浜暮らしがシニアにおすすめな理由は「便利さ」

京浜急行本線から徒歩10分以内のマンションに住んだ感想を一言で表現すると、圧倒的な便利さ。

買い物から飲食、移動までどの面においても便利です。

飲食店に困ることはなく、お出かけも徒歩圏内。

食料品から家電製品、服など、必要なものを入手できます。

電車で数駅移動すれば、緑や海などの自然を堪能できる公園もあり、飽きることなく日々を快適に過ごすことができました。

さらに、離れて暮らす家族に会いに行くときも、京浜急行線に乗れば羽田空港まで直通。

九州の家族・親戚との集まりの際、非常に助かっていました。

街を歩いていると、予想以上にシニアの方が多かったことが印象に残っています。

横浜は、大学生や会社勤めの30~50代におすすめの街でもあり、アクティブシニアの方が多く住んでいることが体感できました。

シニアの横浜暮らしの家賃は?

京浜急行本線の横浜駅の家賃相場を見てみましょう。

ワンルーム・1K・1DK/マンション・アパート・一戸建て:8.74万円
1LDK・2K・2DK/マンション・アパート・一戸建て:14.57万円
データ引用:京急本線の家賃相場情報|不動産・住宅情報サイト ライフルホームズ

東京寄りのエリアよりも、2~6万円程度低い設定です。

1人暮らしの場合はワンルーム・1K・1DKでじゅうぶんですが、2人暮らしとなると窮屈に感じてしまうかもしれません。

もし横浜で1LDK・2K・2DKを借りたい場合は、少しエリアをずらせばお得な物件がたくさんあります。

家賃と相談して、自分が住みたい横浜エリアに数日・数週間滞在してから、住まいを決めてみてください。

あわせて、車や声などの生活音が気にならない程度か、物件を決める前に調査しておくことをおすすめします。

二拠点居住したいエリア1位「鎌倉・三浦」、住んでみた感想は?

リクルート住まいカンパニーの「2021年コロナ禍での二拠点居住したいエリアランキング」で発表されたTOP3エリアは以下です。

1位:鎌倉・三浦エリア
2位:八王子・奥多摩エリア
3位:湘南エリア

三浦エリアに約10年住んでいる中、鎌倉はお出かけ先としてよく行きました。

鎌倉・三浦エリアがシニアの二拠点居住先としておすすめな理由を見ていきましょう。

鎌倉・三浦がシニアにおすすめな理由は「のどかさ」

鎌倉と三浦は、自然豊かでのどかな場所です。

住まいの周辺に緑や海があり、車やバスで足をのばせば神社や灯台、風車がある公園など楽しめるスポットがたくさん。

住人達からは街を大好きな様子が伝わってきて、つながりや絆を大切にしているところが伺えます。

京浜急行線やJR横須賀線で横浜までのアクセスが容易で、ふだんのお買い物は横浜までいかずとも横須賀中央駅が便利です。

鎌倉と三浦は、子どもからシニア世代まで、のんびり穏やかに暮らせるエリアです。

シニアの鎌倉・三浦暮らしは移動手段の確保が必要

鎌倉はじめ、特に三浦エリアで二拠点居住するとなると、移動手段の確保で悩むときがあるでしょう。

住んでみた感想として、正直なところ車があった方が便利なタイミングを感じることが多くありました。

車移動が好き・バス移動は極力避けたいという人は、車を持っていた方が良いでしょう。

ただ、バスが各方面に発達しているため、車なしでもじゅうぶん快適に過ごすことができたのも事実。

シニアが二拠点居住として鎌倉・三浦暮らしを検討する場合は、車移動は可能か、バスの使用に抵抗はないかなど検討することをおすすめします。

シニアの新しい住まい先・二拠点居住先探し。自分らしく生活しやすい場所を上手に選ぼう

住みたい街・二拠点居住先で人気の街を、実際に住んだ感想とともに紹介しました。

住みたい街1位の横浜は、圧倒的な便利さが魅力。

鎌倉・三浦エリアを二拠点居住先にすれば、のんびりと自然と一緒に豊かな暮らしができるでしょう。

おとなの住む旅では、住まい探しのコンシェルジュがシニアにピッタリの居住場所を相談・提案させていただきます。

二拠点居住をしている方へのインタビューも多数実施していますので、ぜひご覧ください。

→【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

⇒二地域居住を実践する体験者の声をさらに知りたい方へ


今話題の『デュアラー』とは?『二地域居住』について詳しく解説!

関連記事

  1. 日本と東南アジアで暮らす、気づけば「デュアラー」に【二地域居住インタビュー】

  2. 【高齢期の住替えを考えるVol.3】要介護の親を呼び、近くで暮せませんか?

  3. 若者からシニアまで住める「ペット共生型賃貸住宅」誕生!愛犬・愛猫と家族のように過ごせる“専用設備”、ここがスゴイ

  4. 障害ある子と高齢の親が共に暮す「介助付き賃貸住宅」東京に誕生!親亡き後も子が強く生きていける住まいとは

  5. 【宅食で見守り】行政&宅食会社が提供!地域連携型「高齢者の見守りサービス」

  6. 【進化するサ高住】長寿社会で求められる「サービス付き高齢者向け住宅」とは

二地域居住するデュアラー
  1. 【シニアにおすすめな趣味】終活や介護、相続などさ…

  2. 【シニアの挑戦】東京都国立市のジャズ喫茶を71歳3名…

  3. パリ在住、カフェの看板マダム・石井庸子さん82歳が…

  4. 【6~7月】シニアの健康対策、梅雨~夏を健康に乗り…

  5. 日本一の星空の長野県阿智村が仰天企画「宿泊客の願…

  6. 【川柳の作者最高齢がなんと101歳!】リアルなシルバ…

  7. 【2024年は最も暑い】シニア必見!知っておきたい「…

  8. 自宅で楽しむ「オンライン落語会」シニアに人気!大…

  9. 全国の大家さんに朗報!高齢者等の入居成功事例公開…

  10. 【55歳以上が対象】最優秀賞は賞金50万円!「東京シ…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社