【ここがイイ!】話題のライフスタイル「二地域居住」のメリットとは?

2021年1月31日に「マツコ会議」(日本テレビ系)で取り上げられた「デュアラー」。これは都会と地方の二箇所に生活拠点を構えたライフスタイルをする二地域居住(二拠点居住・二拠点生活)を指します。

二地域居住は地方や郊外への移住に踏み切れない人に好適なライフスタイルです。

田舎暮らしに踏み切れない人に二地域居住をオススメする理由

なぜ二地域居住は移住に踏み切れない人に好適なのでしょうか。最大のメリットは住み慣れた拠点を完全に手放さずに移住の良さを取り入れられることです。都会の喧騒から離れた郊外で暮らす、いわゆる“田舎暮らし”をしたいと思っても、急激な環境の変化には誰もが不安を感じるもの。しかし、そういった不安を抱えながら暮らすことはかえってストレスになります。

田舎暮らしに対して憧れはあるもの、踏み切れない人は多いようです。そんな状況が明らかになった調査結果があります。

田舎暮らしを考えるきっかけは?

(株)みんなの奥永源寺は、現在リモートワークをしている20代~50代の男女を対象に「田舎暮らしの魅力と期待」に関する調査を実施。田舎暮らしに対する憧れと不安が明らかになりました。

まず「都市部から田舎への移住を考えたことはありますか?」と質問すると、「現在移住を考えている(24.7%)」「過去に移住を考えた(17.0%)」と、4割以上が「田舎への移住を考えたことがある」と回答しました。次に「田舎への移住を考えたきっかけを教えてください」と質問すると、最も多かったのが「働き方改革(30.0%)」、次いで「転職や起業(24.5%)」「新型コロナウイルス感染拡大の影響(22.2%)」「結婚(12.2%)」「出産(6.1%)」という結果に。

田舎暮らしの魅力について聞いてみると(複数回答可)、「豊かな自然環境がある(54.5%)」が最も多く、次いで「土地価格が安い(46.0%)」、「物価が安い(39.0%)」という結果となりました。

でも心配…田舎暮らしのデメリットは?

とは言え、当然不安な面も。「田舎に移住する、体験・交流する(した)際の不安を教えてください(複数回答可)」と質問すると「買い物などに困らないか(50.0%)」、「地域住民と上手く馴染めるか(47.1%)」、「仕事や収入が確保できるか(42.6%)」、「医療や福祉が充実しているか(41.2%)」という結果に。続いて、田舎暮らしで求めることを聞くと(複数回答可)、「就労支援(39.9%)」が最も多く、「日用品などの買い物に困らない(39.7%)」「インフラ整備(38.0%)」「医療・社会福祉環境(38.0%)」と続きました。

田舎暮らしに最低限求めるものを聞いてみると、次のような声がありました。

・都市部へのアクセスの良さ(20代/女性/埼玉県)
・子育て支援(30代/女性/高知県)
・不自由なく暮らせるだけの安定的な収入を得られる仕事(30代/男性/大阪府)
・移住の支援で補助金があれば求めたい(40代/男性/埼玉県)
・閉鎖的ではない場所がいい(40代/女性/千葉県)

ゆっくり暮らしたいものの一度都会へ暮らした人からすれば、利便性や適度な街の開放感は欠かせないようです。

高齢者にこそオススメしたいのが二地域居住!

上記の調査結果からわかるように田舎暮らしはしたいものの、いざするとなると難しいのが現状です。これは年を重ねるほど難しくなるのではないでしょうか。高齢者の場合、住み慣れた場所から完全に離れるのは勇気がいることです。使い勝手がわからない場所への移住は大きな決断となります。

とは言え、高齢者になると心身に対する不安から現住居よりも安心・安全な住まいに暮らしたいもの。暮らし慣れた住まいで暮らしながら新たな住まいでも暮らす。そんな二地域居住は、実は高齢者にこそオススメしたいライフスタイルなのです。

サ高住は高齢者の二地域居住にぴったりな住まい

高齢者が安心・安全に暮らせるサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)は、二地域居住にぴったりの住まいです。サ高住は施設ではなく賃貸住宅なので、仮住まいとして借りられます。

また、高齢者が安心・安全に暮らせるように居室には緊急呼び出しボタンや緊急通話装置(ナースコール)、居室内での動きを感知して安否確認を行う人感センサーなどを設置。生活全般に関わるお困り事を承るフロントスタッフもいます。

また、精神面でも孤独感が募らないように、居住者と交流を図る場にもなる食堂ラウンジや多目的室もご用意。館内では年間行事やワークショップを開催するなど、精神衛生においても配慮が行き届いたサービスです。
(→「ワークショップ」とは?

体一つで始められる?! サ高住の二地域居住

サ高住が高齢者の二地域居住に適した住まいであることがおわかりいただけたでしょうか。実際、サ高住で暮らす高齢者の中でも、今までの住まいは手放さずにトライアルステイ(お試し居住)としてサ高住に暮らす人は少なくありません。
(→「トライアルステイ(お試し居住)」とは?

現在、積水ハウス施工サ高住「グランドマスト 」では、家具付き居室に入居できるキャンペーンを実施中です。引っ越し前の荷造りなど大掛かりな準備をすることなく、手ぶらで住めるお得なキャンペーンです。二地域居住を考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 0120-117-258 電話する
 メールで問い合わせする
月曜日~土曜日 9:00~18:00、祝日 9:30~18:00 (定休:日曜日、第2・3水曜日)

▼関連記事▼

関連記事

  1. 【シニア層のインターネット利用動向調査 発表】VODとSNSが高齢者に人気、YouTubeの急拡大も明らかに

  2. 【4ヵ国の高齢者調査】日本と外国ではシニアの生活意識はどう違う?Vol.5

  3. シニアもスマホを駆使してる!シニアのスマホ事情 Vol.1

  4. 【シリーズ 高齢者の住まいの選び方Vol.3】自立型のサ高住が支持される3つのワケ

  5. 【岡山県でワーケーション】観光も仕事もできた2泊3日ワーケーション体験記 Vol.1

  6. 【YouTubeでサ高住見学!】高齢者の安心安全な住まい「グランドマスト」ルームツアー Vol.4

二地域居住するデュアラー
  1. 【月額9000円で3泊できる!】デュアラーにおすすめの“宿のサブスク”…

    2021.10.21

  2. 【都道府県別睡眠ランキング】からわかった「シニアの睡眠事情」

    2021.10.20

  3. 42年の時を経て、シニアの青春期がよみがえる!『銀河鉄道999』来月…

    2021.10.19

  4. 【シニアにおすすめ】よみうりランドでイルミネーションに包まれ、…

    2021.10.15

  5. 【高齢者の健康維持にeスポーツ】“孫にも一目置かれる存在”へ!日本…

    2021.10.14

  6. 【10年で90%越え】アンケートでわかったシニア女性のスマホ事情

    2021.10.13

  7. 二地域居住を検討中なら必見!茨城県が吉本興業とコラボ、デヴィ夫…

    2021.10.12

  8. シニアの住替え先も探せる?!『住み続けたい街ランキング』1位は武蔵…

    2021.10.08

  9. 【アクティブシニア向け】60歳以上を対象とした『東急線乗り放題パ…

    2021.10.07

  10. どう思う?1万人に聞いた【二地域居住】ありorなし

    2021.10.06

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅)でできること1…

    2020.12.03

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に悩むシニア達の…

    2020.11.20

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 第9章~15章

    2020.11.10

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲しい本・書籍ま…

    2020.09.10

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう!活躍するシニ…

    2020.07.16

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ【2021年最新…

    2020.05.14

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを飼ってみません…

    2020.04.30

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・ペット可の物件6…

    2020.02.27

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集”岩手のサ高…

    2020.01.24

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプリ7選 第2弾!【…

    2020.01.23

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』