記憶のなかの風景〈第9幕 池袋〉

気がつけば、街の風景もすっかり変わってしまった。
久しぶりにアルバムを開くと
あの頃の時代と記憶が鮮やかによみがえってくる。

百貨店〝丸物まるぶつ〟が懐かしい! 開発工事で変りゆく喧騒けんそうの中の東口

「あ! パルコの建物にMARUBUTSUの看板だ。思い出深いですね」。
三越(現ヤマダ電機)の屋上から見渡した駅東口のパノラマだ。
今若者で賑うファッションビル・パルコの前身が、京都発祥の百貨店・丸物だった。
高度成長期の真っただ中、池袋は駅前再開発の大規模工事で喧騒に包まれていた。
あれよあれよと街の景観が一変した時代だった。

昭和36年10月

東口ロータリーの主役だった! 最盛期に見る〝都電〟の勇姿

「銀座へ遊びに行くのも都電でした」。
再開発で見違えるように整備された東口の夏のひとコマ。
数寄屋すきや橋ばし行きの都電が停車中だ。この頃、人々の足は主に都電だった。
しかし、41路線に及んだ都電は、渋滞緩和のため同年12月から順次廃止され、姿を消していった。

昭和42年夏
平成30年5月現在の同所

消えゆく〝美人街〟。取り壊される都心最後のヤミ市の輝き

「美人街の細い路地が気に入っていました」。
戦後17年目の西口に残っていたヤミ市の一角だ。トリスバーやおでん、美人街の看板が見える。
終戦直後、西口に軒を連ねた200余りの店舗群の半数は、飲食店が占めた。
この日、雑然とした平屋建ての背後には、大型ビルが工事の足場で囲まれていた。
同年末、都心に最後まで残った池袋のヤミ市はすべて取り壊され、姿を消した。

昭和37年3月
平成30年5月現在の同所

白黒写真は、写真家の松井一彦氏と高木進一氏が撮影 豊島区立郷土資料館提供
カラー写真は、プラスライフ記者撮影


関連記事

  1. スカしたシニアのジャズライブ!@高円寺「アンリ・ファーブル」Vol.1

  2. 記憶のなかの風景〈第2幕 阿佐谷・荻窪〉

  3. +Life編集部、サ高住のある街<桜台・江古田>を歩く Vol.2

  4. 記憶のなかの風景〈第1幕 吉祥寺〉

  5. 記憶のなかの風景〈第3幕 三軒茶屋・太子堂 Part1〉

  6. 65歳以上は入館料無料!企画展「シカクノフシギ展」を開催

グッドライフシニア
  1. 【二地域居住レポート】花のある街暮らしと大自然に囲まれた田舎暮…

    2019.08.16

  2. 【まとめ】記憶のなかの風景~昔懐かしいあの場所へ旅してみません…

    2019.08.09

  3. 『自分史』を書きませんか? これからの人生をイキイキ過ごせます!…

    2019.08.08

  4. 8月も⁉孫に「お盆玉」をあげるシニアはどのくらいいるの?

    2019.08.07

  5. 「セカンドキャリア」とは? | おとなの住む旅 用語解説

    2019.08.06

  6. できることで社会貢献を!シニアが考える「社会貢献」

    2019.08.02

  7. 【サ高住のメリット】居住権が守られ、入居金も不要だが、曖昧なイ…

    2019.08.01

  8. 佐藤順一郎氏が語る、終活の第一歩『エンディングノート』の書き方④

    2019.07.31

  9. 高齢者住宅の新潮流 積水ハウスがアクティブシニア向け新ブランド立…

    2019.07.30

  10. 【データを読む】生涯学習への意欲高めるカギは〝仲間との交流〟に…

    2019.07.26

  1. 【まとめ】記憶のなかの風景~昔懐かしいあの場所へ旅してみません…

    2019.08.09

  2. 【データを読む】生涯学習への意欲高めるカギは〝仲間との交流〟に…

    2019.07.26

  3. [受講料を助成]シニアに優しい大学公開講座の一覧

    2019.06.25

  4. 日本を支えるシニアはプレミアム!首都大学東京がシニア向け講座開講

    2019.06.19

  5. 毎週行くのが億劫な人におすすめ!不定期開催「武蔵大学」

    2018.12.17

  6. シニアも受けられる!中野区にある「大学公開講座」

    2018.12.12

  7. もう外食に行けない!「レストランなみに食堂がキレイなサ高住」3選

    2018.11.28

  8. 佐藤順一郎氏が教える 『成功する高齢期(シニア)の住み替え方』①

    2018.06.08

  9. 自宅を担保に老後資金が借りられる『リバースモーゲージ』

    2018.03.13

  10. [シニアにおすすめ]大学 公開講座の一覧

    2017.09.29