記憶のなかの風景〈第1幕 吉祥寺〉

気がつけば、街の風景もすっかり変わってしまった。
久しぶりにアルバムを開くと
あの頃の時代と記憶が鮮やかによみがえってくる。

「サンロード商店街」

『えっ、アーケードはないの?』。まだ「駅前通り」と呼ばれていた昭和40年冬の風景。商店街の中を走る路線バスが見える。前年の東京五輪が成功を収め、活気に満ちた戦後の高度経済成長の時代だった。この年の40年から駅前再開発が始まり、6年後アーケードが完成。名も改め、晴れて「サンロード」が誕生した。

「吉祥寺駅北口前」

再開発が進む昭和42年。中央に見えるのがハモニカ横丁の一角、今も賑う「仲見世商店街」の看板だ。終戦直後の20年代、荒廃した駅前にできた闇市がルーツとか。入り組んで混とんとした細い路地に飲食等100店が軒を連ねる。写真の中の商店はほぼ姿を消したが、昭和の面影を残す横丁の店であの頃を語り合うのもいい。

「吉祥寺通りに架かる井の頭公園陸橋」

この半世紀、ほとんど変わらない風景がある。新緑の芽ばえる昭和37年春(上)と昨年冬(下)の『公園の中の歩道橋』だ。この橋を渡り、井の頭自然文化園に向かえば、当時から人気者のゾウ、はな子に会えた。懐かしい青春期のデートスポットはあの日の景色のままだった。

「ゾウのはな子さん」

一昨年69歳で亡くなったはな子は井の頭公園に来た昭和29年から、激動の人生を送った。飼育員を死なせてしまい、鎖につながれた辛い日々。鎖を解き、愛情を注いでくれた飼育員との出会い。苦難の歩みに自らの人生を重ねる人々。愛され、伝説となったはな子にもう一度会いたい!

タイから来日後、井の頭公園に来た昭和29年
一周忌の昨年5月より、吉祥寺駅北口で愛嬌を振りまくはな子の銅像

ゾウのはな子さんは今でも吉祥寺の街で愛され続けている。

白黒写真は、武蔵野市所蔵
カラー写真は、プラスライフ記者撮影

関連記事

  1. 65歳以上は入館料無料!企画展「シカクノフシギ展」を開催

  2. 記憶のなかの風景〈第4幕 新宿〉

  3. 四季の花だより~バラの香りと潮風に包まれて

  4. 記憶のなかの風景〈第7幕 駒沢・二子玉川 Part1〉

  5. +Life編集部、サ高住のある街<桜台・江古田>を歩く Vol.2

  6. スカしたシニアのジャズライブ!@高円寺「アンリ・ファーブル」Vol.2

グッドライフシニア
  1. 「リバースモーゲージ」とは?|おとなの住む旅 用語解説

    2019.07.13

  2. 高齢者の生き方を学ぶ Vol.5「無理をしない!」が元気の秘訣 洞口正…

    2019.07.12

  3. 「オレオレ詐欺」電話を受けた経験がある60代以上は○人に1人!

    2019.07.11

  4. 「エンディングノート」とは?|おとなの住む旅 用語解説

    2019.07.05

  5. シニアが抱えるペットの悩み~単身・同居世帯70代の心配ごと

    2019.07.03

  6. 「トライアルステイ(お試し居住)」とは?|おとなの住む旅 用語解説

    2019.07.02

  7. 「CCRC」とは?|おとなの住む旅 用語解説

    2019.06.28

  8. シニア猫との付き合い方~シニアのペット共生について考える Vol.2

    2019.06.26

  9. [受講料を助成]シニアに優しい大学公開講座の一覧

    2019.06.25

  10. 『自分史』を書きませんか? これからの人生をイキイキ過ごせます…

    2019.06.21

  1. [受講料を助成]シニアに優しい大学公開講座の一覧

    2019.06.25

  2. 日本を支えるシニアはプレミアム!首都大学東京がシニア向け講座開講

    2019.06.19

  3. 毎週行くのが億劫な人におすすめ!不定期開催「武蔵大学」

    2018.12.17

  4. シニアも受けられる!中野区にある「大学公開講座」

    2018.12.12

  5. もう外食に行けない!「レストランなみに食堂がキレイなサ高住」3選

    2018.11.28

  6. 佐藤順一郎氏が教える 『成功する高齢期(シニア)の住み替え方』

    2018.06.08

  7. 自宅を担保に老後資金が借りられる『リバースモーゲージ』

    2018.03.13

  8. [シニアにおすすめ]大学 公開講座の一覧

    2017.09.29

  9. 「自立型」のサービス付き高齢者向け住宅とは

    2017.09.04

  10. 急拡大する「サービス付き高齢者向け住宅」

    2017.08.30