【サ高住のメリット】居住権が守られ、入居金も不要だが、曖昧なイメージ

編集部レポート

【シリーズ】サ高住の知られざる課題と居住メリット

高齢者の住まいの新しい受け皿として今、「サービス付き高齢者向け住宅」(以下「サ高住」という)が大いに期待されています。
高齢の単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸住宅として、行政が法律(高齢者住まい法)に基づき認定しているのがサ高住です。

本サイトではサ高住をめぐり、ユーザーが知っておくべき課題と居住のメリット等について、当編集部が連載でレポートいたします。

【第1回/メリットは居住権が守られ、多額の入居金も不要な点】

サ高住とはいわば、「高齢者向けの賃貸マンション」です。

入居者の安否確認(1日1回)と生活相談が法律で義務づけられていますが、原則として24時間体制での医療・介護サービスはありません。
安否確認と生活相談以外のサービスはオプションとして追加契約が必要ですが、どのようなサービスが用意されているかは住宅によって異なります。

ところで、このサ高住の伸びが衰えを知りません(グラフ参照)。

出典:一般社団法人 高齢者住宅協会

2012年3月に31,000戸余りだった戸数が、今では全国に約7,300棟・245,000戸(2019年6月末時点)が供給されました。
制度創設からわずか7年で急拡大しています。

入居者にとっては、利用権方式ではなく賃貸借方式で契約しますので、多額の入居金が不要なうえに、入居者に居住の権利がある(たとえば病院のように、居室の移動を指示されることがない)という大きなメリットがあります。

ところが、このサ高住については今ひとつ具体的なイメージ(たとえば自立者向けなのか、それとも要介護者向けなのか)がつかめません。

次回はその理由について考えてみたいと思います。

出典:一般社団法人 高齢者住宅協会

出典:一般社団法人 高齢者住宅協会

 

関連記事

  1. 【シリーズ 高齢者の住まいの選び方Vol.2】自由と安心安全、どちらを重視しますか

  2. 「夏のエアコン節電術ランキング6選」発表!室外機に日よけ、窓の外にすだれ、微風はダメなど奥の手はご存じ?

  3. 【ダイジェスト】シニアにオススメ世田谷区の高齢者物件8選

  4. 【働きたいシニア必見】6月12日開催「シニアおしごとフェア」

  5. 【シニアが集う〝お茶会〟レポート】話題は「自宅で最期まで暮せますか?」

  6. 1年でどのくらい?「シニアの孫消費」事情

二地域居住するデュアラー
  1. 【シニアにおすすめな趣味】終活や介護、相続などさ…

  2. 【シニアの挑戦】東京都国立市のジャズ喫茶を71歳3名…

  3. パリ在住、カフェの看板マダム・石井庸子さん82歳が…

  4. 【6~7月】シニアの健康対策、梅雨~夏を健康に乗り…

  5. 日本一の星空の長野県阿智村が仰天企画「宿泊客の願…

  6. 【川柳の作者最高齢がなんと101歳!】リアルなシルバ…

  7. 【2024年は最も暑い】シニア必見!知っておきたい「…

  8. 自宅で楽しむ「オンライン落語会」シニアに人気!大…

  9. 全国の大家さんに朗報!高齢者等の入居成功事例公開…

  10. 【55歳以上が対象】最優秀賞は賞金50万円!「東京シ…

  1. 【高齢者のGoTo利用自粛】コロナ禍のお家の中(自宅…

  2. 【ダイジェスト 高齢期の住替えを考える】終の棲家に…

  3. 【ダイジェストVol.2】シニアに人気の趣味・登山編 …

  4. 【読書の秋におすすめ】高齢者(シニア)に読んで欲…

  5. 【高齢者の元気印】シニア同世代から元気をもらおう…

  6. 高齢者(シニア)におすすめオンラインサービスまとめ

  7. 【高齢者のペット事情まとめ】外出自粛中にペットを…

  8. 【シニアのペット共生】神奈川県にあるペット共生・…

  9. シニア対象”二地域居住の体験モニター募集&#82…

  10. 終活や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプ…

【おとなの住む旅】二地域居住を実践する体験者の声

サ高住『グランドマスト江古田の杜』

私たちと一緒に働きませんか【住まいアドバイザー】

【50代のアクティブシニア歓迎】高齢者の住まい探しをサポートするアドバイザー募集!

Podcast(ポッドキャスト)記事を音声で聞く

おとなの住む旅 運営会社