一度は乗ってみたい!クルーズトレインの火付け役「ななつ星in九州」

シニア世代の趣味で人気なのがクルーズ。クルーズと聞くと船を想像する方が多いと思いますが、いまやクルーズには寝台列車も含まれます。近年の寝台列車は移動手段としてではなく“動くホテル”として、空間とサービスの両方を楽しむもの。そのラグジュアリーな内装と行き届いたサービスで、シニア世代をはじめ幅広い年齢層から人気を得ています。

ここ数年でさまざまなクルーズトレインが生まれましたが、国内のクルーズトレインの代表格と言えるのが「ななつ星in九州」です。7周年を迎える2020年にはアニバーサリーイヤーにふさわしい特別プランを予定しています。既に人気の列車ですが、今後ますます注目されそうなクルーズトレインです。

そこで今回は、国内のクルーズトレインの火付け役であり代表格といえる「ななつ星in九州」の魅力をたっぷりとご紹介します。

ななつ星の由来

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

ななつ星の名前の由来は次のとおりです。

・九州の7つの県を表現
・九州の7つの観光素材(自然・食・温泉・歴史文化・パワースポット・人情・列車)を表現
・7両編成の客室を表現

7県を結ぶ3,000kmものレールの上だからこそ、九州の魅力(7つの観光)を堪能できます。

ロイヤルワインレッドが美しい7客車

外装は「古代漆色」とも表現される深みと艶があるロイヤルワインレッド。7号車構成で、全号車全面車窓が特徴です。

https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/train/より

1号車はラウンジカー、2号車はダイニングカー、3号車から7号車が客室(ゲストルーム)になっています。3号車~6号車までは3室ずつあってスイートルーム、7号車のみ2室でデラックススイートルームの16室を用意。

それぞれご紹介していきます。

“走る社交場”ラウンジカー「ブルームーン」

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

昼は休息場、夜はバーがオープンするラウンジカー「ブルームーン」。心地よく耳に入ってくるピアノの生演奏とともに、ゆったりと一人の時間を楽しむもよし、同乗している他の方との交流を楽しむもよし。パノラマ車窓からのぞく景色を見れば心洗われます。自分の時間も、人との出会いも完璧に演出してくれます。

和の雰囲気漂うダイニングカー「木星」

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

和のまばゆい太陽、そびえる山々、かがやく海。自然に恵まれた九州は、まさに食の宝庫。ダイニングカー「木星」では、四季折々の旬の食材をお召し上がりいただけます。九州の名料理人による手間ひまをかけた特別な食事は、ここでしか味わえません。

なんとも豪華!全室スイートルーム

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

デザインテーマは「和と洋、新と旧の融合」。14のゲストルームは全室スイートルーム。広さはスイート(定員2名×12部屋 約10m²)、 DXスイートA(定員3名×1部屋 約21m²)、 DXスイートB(定員3名×1部屋 約17m²)。ふんだんにあしらわれた木やファブリックは、一つひとつが選び抜かれた逸品。洗練された品格漂う空間が、最高のくつろぎの時間を提供してくれます。各部屋にはシャワー・トイレ・空調を完備(2、6号車には共用のトイレも設置)。しかし、テレビはありません。「列車内では車窓の景色やお客さま同士の会話を楽しんでいただく」という観点で、あえて設置していないとのこと。無線LANによるインターネットサービスもありません。各部屋には1号車フロントへ繋がる電話を設置しています。

快適に過ごせる工夫がいっぱい!

https://www.facebook.com/sevenstarsinkyushu/

他にも至る所に快適な時間を過ごせる工夫がたくさん。客室の通路は左右交互に配置されています。これは、通路を歩きながら左右の景色を楽しめるようにとのこと。シニア世代に嬉しいのが車いす対応の客室(3号者の1部屋)。幅70cm、全長120cm、高さ109cmの範囲内の車いすであれば対応できるよう設計されています。また、車内専用で使用できる小型の車いすも準備しているとのこと。ホスピタリティに溢れていますね。

シニア世代の心を奪う匠の品々

ななつ星は内装はもちろん、インテリアやテーブルウェアなど細かなところまで一つひとつこだわっています。日本を代表する九州の匠の技が、ななつ星に彩りを添えています。

・木下木芸福岡県

ななつ星の内装は組子を現代風にアレンジしたもの。組子とは釘を一切使わず、小さくて薄い木片のパーツを一つずつ手作業で組み合わせる伝統工芸のこと。モダンながらもどこか和風な雰囲気を漂わせる内装は、組子がベースだからと言えます。

・柿右衛門窯佐賀県

有田焼の代名詞ともいえる370年の伝統を持つ「柿右衛門窯」。鮮やかな色使いと繊細な絵柄は、見る人を魅了します。ななつ星には柿右衛門窯の調度品が飾られています。

・清六窯佐賀県

「ろくろの神様」と称された故・中村清六さんのDNAを受け継ぐ二人の陶芸作家の器が、食卓やティータイムに彩りを添えます。

どんなコースがあるの?

ななつ星は1泊2日、3泊4日のコースがあります。来年は記念すべき7周年ということで、特別プランを用意しています。季節ごとにコース内容が異なり、列車だけでなく旅館での宿泊も含むコースもあり。窯元に訪れたり、列車内で工芸体験をしたりとさまざまな体験ができるのもななつ星の魅力です。詳しくは公式WEBをご覧ください。

細部までこだわり抜いて造られたななつ星。九州の伝統と雄大な自然を堪能できる心豊かな旅は一度味わってみたいもの。来年のアニバーサリーイヤーのコースも楽しみです。

▼生誕7周年を迎える「ななつ星in九州」のプレミアムな旅▼

関連記事

  1. 豪華すぎる!【進化した寝台列車の旅】まさに「住む旅」

  2. 【シニアに人気の趣味・登山シリーズ】<第3章>北アルプス穂高連峰

  3. +Life編集部、サ高住のある街<仙川>を歩く Vol.1

  4. 2020年で7周年!シニアにも人気、豪華寝台列車「ななつ星」の魅力とは?

  5. 【シニアに人気の趣味・登山シリーズ】<第2章>夏の富士山

  6. +Life編集部、サ高住のある街<桜台・江古田>を歩く Vol.2

グッドライフシニア
  1. トイレでも起きる!シニアは要注意【ヒートショック】

    2019.12.11

  2. 記憶のなかの風景〈第14幕 阿佐谷 PartⅡ〉

    2019.12.10

  3. 【シニアが集う〝お茶会〟レポート】話題は「自宅で最期まで暮せま…

    2019.12.06

  4. 日本とネパールの被災地へ再生の願いを込めて歌う Vol.3

    2019.12.05

  5. 【知らなきゃ損】目が離せない!おすすめ【シニアユーチューバー】V…

    2019.12.04

  6. 【シニア向けセミナー情報】「おひとり様の暮らし術」12月18日開催!

    2019.12.03

  7. 記憶のなかの風景〈第13幕 中村橋・富士見台〉

    2019.12.02

  8. 日本とネパールの被災地へ再生の願いを込めて歌う Vol.2

    2019.11.28

  9. 【知らなきゃ損】目が離せない!おすすめ【シニアユーチューバー】V…

    2019.11.27

  10. 佐藤順一郎氏が語る❽「知らないとあとあと苦労する介護保険の話 ⑵」

    2019.11.26

  1. 【ダイジェスト】シニアにオススメ世田谷区の高齢者物件8選

    2019.09.19

  2. 【2019年版】健康や脳トレに効果のあるシニアにおすすめ無料アプリ6選

    2019.09.05

  3. 【運転免許証の自主返納で得られるメリット】受けられる特典【ホテ…

    2019.09.04

  4. 【まとめ】記憶のなかの風景~昔懐かしいあの場所へ旅してみません…

    2019.08.09

  5. 【データを読む】生涯学習への意欲高めるカギは〝仲間との交流〟に…

    2019.07.26

  6. [受講料を助成]シニアに優しい大学公開講座の一覧

    2019.06.25

  7. 日本を支えるシニアはプレミアム!首都大学東京がシニア向け講座開講

    2019.06.19

  8. 毎週行くのが億劫な人におすすめ!不定期開催「武蔵大学」

    2018.12.17

  9. シニアも受けられる!中野区にある「大学公開講座」

    2018.12.12

  10. もう外食に行けない!「レストランなみに食堂がキレイなサ高住」3選

    2018.11.28